まさかトランス脂肪酸が!?カラダアルファの効果は嘘なのか?

【注意】まさかトランス脂肪酸が!?カラダアルファの効果は嘘?

カラダアルファ(α)を調べていると「カラダアルファ トランス脂肪酸」というキーワードを見かけたことがあると思います。

 

ただ、トランス脂肪酸について知っている人はほとんどいないと思います。恐らく危険なものというイメージだと思います。

 

その危険なトランス脂肪酸がカラダアルファ(α)に使われているという噂があるのです。子供に飲ませるサプリメントに危険だと思うトランス脂肪酸が使われてたら一大事です。

 

まずはトランス脂肪酸とは何か知ってもらい、本当に危険なのか、なぜ噂があるのか、本当にカラダアルファ(α)に含まれているのか順に解説していこうと思います。

 

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸とは、脂質を構成している成分”脂肪酸”の1種です。トランス脂肪酸には天然と工業由来の2種類に分けられます。

 

天然のトランス脂肪酸

天然だと反すう動物である牛やヤギ、羊の肉や乳に含まれています。(反すうとは、噛んで飲み込んだあと、もう一度口に戻して噛む、食事方法です)

 

天然のトランス脂肪酸は食品だと、乳製品のバターなどにわずかに含まれています。天然と聞くと安全そうに思えますが、天然と工業由来で健康に及ぼす影響の違いはあるのか確認されていません。

 

そのため、トランス脂肪酸に関しては天然だからといって安全というわけではないので注意してください。

 

工業由来のトランス脂肪酸

工業由来のトランス脂肪酸は生成由来が2種類あり、1つが「植物油を高温にして行う脱臭する作業」です。もう1つが「水素を添加して硬化油を作るとき」です。

 

1つめの脱臭作業は、植物から油を抽出し、綺麗な油にする作業の過程で、販売に好ましくない臭いが発生します。その臭いを取り除くために高温にするのですが、このときにトランス脂肪酸が生成されます。

 

2つめの「水素を添加して、硬化油を作る」は、常温だと液体になる植物油や魚油を固体にするための作業で、トランス脂肪酸が生成されます。

 

水素を添加する作業によって以下の3つが作られます。

 

  • マーガリン
  • ファットスプレッド(マーガリンとほとんど同じですが、水分が多め)
  • ショートニング(マーガリンから水分と添加物を除いたもの)

 

これらにはトランス脂肪酸が含まれています。また、これらを使って作られるパンやケーキ、クッキーなどの洋菓子や、スナック菓子にも含まれます。

 

(参照元:食品安全委員会「食品に含まれるトランス脂肪酸」より)

 

トランス脂肪酸は危険?

トランス脂肪酸を含む、脂質とは人間には欠かすことのできない、三大栄養素の1つであり、摂取することは欠かせません。

 

脂質を不足すれば体力低下、やる気低下、体温低下など、ほとんどが低下していきます。極度に不足すると命に関わります。

 

反対に摂りすぎると、肥満や糖尿病などの生活習慣病の発症リスクを高めてしまう恐れがあり、バランスよく摂ることが大切です。

 

トランス脂肪酸だけだと、人にとって欠かせないものではありません。そのため、食品から無理して摂る必要はなく、むしろ、できるだけ摂取量を少なくすることが大切です。

 

トランス脂肪酸を摂りすぎると、悪玉コレステロールが増加し、心臓病のリスクを高めるといわれています。

 

(参考:農林水産省「トランス脂肪酸ってなんだろう?」より)

 

摂取は避けるべき?

できるだけ摂取量を少なくすることが大切と、先ほどいいましたが無理してトランス脂肪酸を避ける必要はありません。

 

WHO(世界保健機関)は心臓病などのリスクを低減し、健康維持するために基準として、トランス脂肪酸の摂取量は1%未満に抑えるように勧告しています。

 

1%未満と聞くと、すぐに超えそうな感じもしますが厚生労働省によると「日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は0.3%」だと報告されているので普段の食事で超える心配はありません。(参考:厚生労働省「トランス脂肪酸に関するQ&A」)

 

多い人でも、0.7%ほどなので心配はそこまでしなくてもいいでしょう。ただし、脂質をひたすら摂るような偏った食事をするのは危険です。栄養バランスを意識しましょう。

 

なぜ、トランス脂肪酸がカラダアルファ(α)に含まれている噂が・・・

ここまで見ていただいて、トランス脂肪酸について分かっていただけたと思います。なぜ、このトランス脂肪酸がカラダアルファ(α)に含まれている噂があるのかというと、原材料に原因がありました。

 

カラダアルファ(α)の原材料には賦形剤(ふけいざい)としてナタネ硬化油とシェラックが使われています。(※賦形剤とは錠剤の形に固めるためのもので、医薬品にも使われているので安全です)

 

この「ナタネ硬化油」が誤解を招いたのです。実際に以下のような方もいました。

 

【注意】まさかトランス脂肪酸が!?カラダアルファの効果は嘘?

 

カラダアルファ(α)にトランス脂肪酸は含まれている?それは嘘だった!

子供に飲ませるものに、トランス脂肪酸が入っていると飲ませづらいですよね。「身長、健康のために子供に飲ませていましたが病気になりました」では最悪です。きちんと安全を確かめてから飲ませてあげたいですよね。

 

そこで、実際に販売会社である「健康RSLパフォーマンス」に含まれているのか問い合わせてみました。回答は以下になります。

 

カラダアルファ(α)に危険なトランス脂肪酸は含まれていますか?

カラダアルファ(α)に含まれているナタネ硬化油はトランス脂肪酸を含み危険だといわれていますが、それは事実ではありません。ナタネ硬化油は使っていますが、トランス脂肪酸は含んでいませんので、ご安心ください。

 

このことから、カラダアルファ(α)にはトランス脂肪酸は全く含まれていないということになります。安心してお子さんに飲ませてあげてください。

 

もし、どこかのサイトで「トランス脂肪酸を含んで危険だ」というのを見つけたときは、そのサイトはあまり信用しないほうがいいでしょう。

 

まとめ

【注意】まさかトランス脂肪酸が!?カラダアルファの効果は嘘?

ネットを見ていると、「カラダアルファ(α)にはトランス脂肪酸が含まれていて危険だ」など適当な情報を流している方もいます。

 

結果として、カラダアルファ(α)にトランス脂肪酸は含まれていないので安心してください。仮に含まれていたとしても、サプリメントほどのサイズであれば、WHO(世界保健機関)が勧告している基準を超えることはありません。

 

もし、どうしても信用できず、不安で購入まで踏み切れないという方は公式サイトに問い合わせてみてはいかがでしょうか。丁寧に対応していただけるので、きっと不安や疑問を解消してくれるはずですよ。

 

カラダアルファの公式サイトはトップページへ