遺伝で子供の身長が決まる?そんな嘘情報は信じるな!

遺伝で子供の身長が決まる?そんなウソ情報に騙されないで!

両親の身長が低いと子供も身長が低くなると思っていませんか。遺伝も身長に大きく関係していますが、親よりも子供のほうが大きくなる可能性はあります。

 

子供の成長は未知数です。ネットに書かれている信憑性のない情報に惑わされることなく、正しい知識をもつことが重要です。

 

でないと、人生に一度きりの大切な成長期を逃してしまいます。

 

そこで今回は以下の2つの重要なポイントを解説します。

 

  1. 遺伝による身長への影響
  2. 身長を伸ばすために必要な「3つのこと」

 

これらについて解説していこうと思います。

 

遺伝のことで子供の成長を諦めかけている方、不安に思っている親御さんはぜひ一度目を通してください。

 

身長の遺伝する確率はどれぐらい?

 

身長の遺伝率は「およそ80%ほど」だといわれています。一卵生だと「約90%」、二卵生だと50%ほど遺伝するといわれています。(参考:「遺伝率」より)

 

子供の身長は親の身長が大きく影響しているといえます。だからといって諦める必要はありません。遺伝が大きく影響していても子供の成長を諦める必要はありません。なぜなら、環境によって残りの20%の可能性が決まるからです。

 

遺伝で子供の身長が決まる?そんなウソ情報に騙されないで!

 

厚生労働省の「学校保健統計」によると、戦後50年で平均身長はどんどん伸びてきています。もし、遺伝がすべてだとするなら、平均身長が伸びることはありません。

 

しかし、この統計結果を見れば、子供の身長に対して「環境」がどれほど大きく影響しているのか一目瞭然です。

 

80%の遺伝率といってもそれはあくまで統計です。遺伝による影響もありますが、あなたの子供の身長を決定する要因はまだまだ他にもあるということです。

 

遺伝で身長は決まらない!親の身長よりも伸ばすことは可能!!

 

遺伝率は80%とかなり高い数字ですが、遺伝で身長は決まりません。以下を確認してください。

 

昔の人の平均身長(昭和23年・男)

  • 11歳 130.4cm
  • 14歳 146cm
  • 17歳 160.6cm

 

現代の人の平均身長(平成28年・男)

  • 11歳 145.2cm
  • 14歳 165.2cm
  • 17歳 170.7cm

 

このように、昔に比べて現在では平均身長が10cm以上も違ってきます。これは女の子も同様です。昔よりも現代の子のほうが平均身長を上回っている証拠です。

 

遺伝の影響が大きいのであれば、ここまで平均身長の差は生まれていないはずです。

 

テレビでよく見かけるスポーツ選手を思い出してみてください。両親よりも身長が高い人が多くないですか。特にバスケやバレーなどのスポーツ選手は多いと多いでしょう。

 

このように遺伝率は高いのですが、やり方次第では十分に親よりも身長を伸ばすことができる可能性は残されているのです。

 

遺伝を超えて身長を伸ばすために必要な「3つのこと」

遺伝で子供の身長が決まる?そんなウソ情報に騙されないで!

上記で比較した昔の人(昭和23年)と現代(平成28年)の子供では平均身長が10cm以上違っていましたが、昔と現代では何が違うのかというと「食事・運動・睡眠」の3つが違います。

 

つまり、これら3つを改善するだけで身長は伸びる可能性があるということになります。

 

身長を伸ばすために必要な「食事」

 

身長を伸ばすためには朝・昼・晩の3食しっかりと食べる必要があります。しっかりと栄養を摂ることが大切です。

 

バランスよく栄養を摂取することを心がけましょう。

 

食事こそ身長を伸ばすカギ!?栄養を効果的に摂る方法を教えます!

 

身長を伸ばすために必要な「運動」

 

身長を伸ばすためには運動を欠かすことはできません。運動をすることによって成長ホルモンの分泌、骨への刺激を促進させます。

 

ただし、過度な運動はいけません。過度な運動をすることによって、反対に骨へ負荷がかかりすぎ成長を止めてしまいます。適度な運動がたいせつです。

 

『良い運動』VS『悪い運動』子供の身長にどう影響する!?

 

身長を伸ばすために必要な「睡眠」

 

子供の睡眠は身長を伸ばすうえでとても大事なことです。成長ホルモンが最も分泌されるのは睡眠中です。

 

睡眠時間が短くなればなるほど、成長ホルモンの分泌量は減っていきます。また、睡眠は骨を休める働きもあります。

 

現代の子供は昔に比べて平均睡眠時間が減ってきています。親が起きていたら子供もなかなか寝ません。家族全員で寝る時間を決めるなどの工夫をしましょう。

 

遅寝は身長に悪影響!子供の睡眠を改善する『鉄則12箇条』教えます!

 

【まとめ】遺伝を超えるためには親ができること!

遺伝で子供の身長が決まる?そんなウソ情報に騙されないで!

昭和23年の人は戦後まもないため、食事はそこまで豊かではありませんでした。現在では栄養価の高いものがたくさん作られ、たくさん食べることができる環境になりました。

 

ただ、最近ではネットやゲーム、スマホなどの普及によって勉強や運動をせず、遊ぶ子供が増えてきています。

 

結果、運動や勉強をしないことによって食欲は増えず、反対に低下していきます。これでは、たとえ栄養豊富な食事ができるようになっても意味はありません。

 

そこで一度考えて欲しいのが身長サプリです。身長サプリを利用することによって、普段食事では不足しがちな栄養を補うことができます。身長サプリの中でもオススメなのがカラダアルファαです。

 

カラダアルファの商品画像

 

カラダアルファ(α)は大人から子供まで不足しがちなカルシウムを補うことができます。さらに添加物やアレルギーの心配もする必要がありません。

 

タブレットタイプなので水で飲むこともできますし、慣れてくれば水なしでも飲みこめます。実際にうちの子供もカラダアルファ(α)を愛用しています。

 

カラダアルファの実体験レビューはこちら

 

もちろん身長を伸ばすためには食事だけではなく運動や睡眠も大切です。

 

遺伝率はおよそ80%と高くなっていますが、遺伝を超えるためにも運動や睡眠を改善しつつ、子供用の身長サプリで不足しがちなカルシウムを補ってみてはいかがでしょうか。