食事こそが身長を伸ばすカギ!?栄養を効果的に摂る方法を詳しく教えます!

食事こそ身長を伸ばすカギ!?栄養を効果的に摂る方法を教えます!

 

成長期の子供をもつ親御さんの多くが悩む問題があります。それは普段の「食事」です。

 

子供の身長を伸ばすために「食事」は欠かせません。食事で十分な栄養が摂れていないと、いくら健康的な運動や睡眠ができていても身長は思ったように伸びません。

 

むしろ、栄養がない状態では身長を伸ばすどころか、運動をすると栄養不足になって危険です。どれか一つを突出させるのではなくバランスが大切です。

 

今回は、子供の成長期や思春期の中でも特に大切な「食事」について解説していこうと思います。普段からの食事内容や、栄養面で心配されている親御さんはぜひ見てください。

 

成長期には絶対に欠かすことのできない栄養素とは?

成長期に欠かすことのできない栄養素は以下になります。

 

  • タンパク質
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミン

 

どれもバランスよく摂取することが大切ですが、この中でも特に欠かすことができないのが「タンパク質」と「カルシウム」です。

 

身長を伸ばすための元となる「タンパク質」

食事こそ身長を伸ばすカギ!?栄養を効果的に摂る方法を教えます!

タンパク質は骨や筋肉など体を構成する材料となるので、身長を伸ばすにあたって欠かすことはできません。(参照:厚生労働省「1-2.たんぱく質」)

 

またそれ以外にも、成長ホルモンの分泌を促す働きもあります。子供の食事内容は「タンパク質」をメインに考えて、他の栄養素とバランスよく摂るといいでしょう。

 

ちなみにタンパク質には「動物性タンパク」と「植物性タンパク」の2種類に分類されます。

 

動物性タンパク質は名前のとおり、豚や牛、鶏、魚などに多く含まれています。

 

植物性タンパク質は大豆や納豆、豆腐などの豆類に多く含まれています。普段の食事に一品豆類を足してあげるか、豆を使った料理も足してあげるといいでしょう。

 

牛乳や卵にもタンパク質が含まれているので、積極的に摂取するといいでしょう。ただし、くれぐれもどれか一つの食品だけを食べるのはやめましょう。偏った偏食は成長にとってあまり意味がありません。

 

まんべんなく栄養素を摂ることを意識することが大切です。

 

『牛乳だけで身長が伸びる』はウソ!?間違った俗説に惑わされるな!

 

成長期にほぼ間違いなく不足する「カルシウム」

食事こそ身長を伸ばすカギ!?栄養を効果的に摂る方法を教えます!

カルシウムは「骨を伸ばす」というイメージを持つ方もいると思いますが、実はカルシウムは「骨や歯を強化」するためのものです。

 

身長を伸ばすためには骨を伸ばす必要があるのですが、このときカルシウムを不足してしまうと十分に強化されず、伸び率に影響がでてしまいます。

 

小学生だと給食で毎日牛乳を飲んでいるし、不足していないと思われる方もいるかもしれません。しかし、実はそれでも不足しているのです。

 

厚生労働省は成長期の10代にカルシウムを1000mg摂取することを推奨しているのですが残念ながら「平成27年の国民健康・栄養調査結果」によると657mgと半分程度しか満たすことが出来ていません。

 

そのため、学校で牛乳を飲んでいますが、それ以外にもカルシウムを摂る必要があります。

 

どうしても普段の食事だけでは満足に摂取量を満たせないのが現状です。むしろ、満たせているほうが不思議です。

 

ちなみに、諸外国の中でカルシウムの推奨摂取量が最も低いのが日本の子供です。アメリカは10歳から17歳の子供に対して推奨するカルシウムの量は1,300mgです。(参照:子ども達の栄養健康の現状と課題 〜乳の役割と可能性〜)

 

この数値だけ見ても、日本の子供たちのカルシウム摂取推奨量は諸外国に比べて非常に少ないのがわかるはずです。さらに、その低い摂取量ですら満たせている子はほとんどいません。

 

だから世の中には子供用のサプリメントが販売されています。身長サプリメントもその一種です。

 

カルシウムは吸収率が悪いので、食品からだとバランスよく摂らないと不足します。その点、サプリメントは吸収率にこだわり開発されているので、不足分を明確に補うことができます。

 

最低限これだけは守ってほしい「成長期の食事アドバイス」

食事こそ身長を伸ばすカギ!?栄養を効果的に摂る方法を教えます!

身長を伸ばすためにはたくさん栄養を摂る必要があります。しかし、ただ単純にたくさん食べればいいというわけではありません。

 

豚や牛などからタンパク質を摂ることは大事ですが、食べ過ぎるとカロリーが高くなり過ぎてしまいます。

 

カロリーが高いものを食べ続けると、子供は簡単に肥満になります。肥満になると思春期を早く迎えてしまい、早く終えてしまう危険性があります。その結果、成長ホルモンの分泌が少なくなってしまい、身長も伸びなくなります。

 

そのため料理をするときは「高タンパク・低カロリー」を意識する必要があります。豚や牛などの動物性タンパク質ばかりではなく、大豆などの豆類などの植物性タンパク質も積極的に摂るようにしましょう。

 

成長期の子供が食べる食事の注意点

食事こそ身長を伸ばすカギ!?栄養を効果的に摂る方法を教えます!

成長期の子供が食べる食事の注意点は、以下の3つです。

 

  1. ゆっくりと食べる
  2. 1日3回きちんとご飯を食べる
  3. バランスの良い食事にする

 

1.ゆっくりと食べる

ご飯はしっかりと噛み、ゆっくり食べることが大切です。あまり噛まずに食べてしまうと、きちんと栄養素を消化吸収できません。

 

また、早く食べすぎると満腹中枢が刺激される前にたくさん食べてしまうので、肥満になってしまうかもしれません。

 

親や兄弟が早食いだとつられて早く食べてしまう傾向があります。ゆっくりと食べるようにしましょう。

 

2.「1日3回」きちんとご飯を食べる

多くの子供は1日3回ご飯を食べていますが、全員ではありません。1日3回食べると、学校でも集中力がもち、勉強の成績アップなどにも繋がるのできちんと食べましょう。

 

3.バランスの良い食事にする

子供の食事状況は、米などの穀類、牛乳などの乳製品などは高い割合で摂取することができています。しかしながら。野菜や果物の摂取状況は約半分となっています。

 

野菜や果物を毎日食べている子供は半分以下、その中でも摂取量を満たせている子はさらに低くなるでしょう。

 

子供は味覚が敏感なため好き嫌いが激しいですが、身長を伸ばすためにもバランスの良い食事をとるようにしましょう。

 

まとめ

食事こそ身長を伸ばすカギ!?栄養を効果的に摂る方法を教えます!

身長を伸ばすためには栄養が必要です。大変だと思いますが「成長期」は限られた時間です。その限られた時間だけでも、バランスの良い食事を作ってあげましょう。

 

最近では共働きの家庭など夫婦で忙しい家庭が増えてきています。なかには仕事帰りにお惣菜を買って帰っている人もいるでしょう。

 

その場合は豆腐やワカメを入れた味噌汁の一品を足してあげるといいでしょう。それでも栄養を十分に摂れているか心配であれば、サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

 

なかにはアレルギーを持っているお子さんもたくさんいらっしゃいます。特に卵や乳製品のアレルギーの子は少なくありません。そうなると、学校でも牛乳やなどが飲めなくなります。

 

そんなときでもサプリメントならアレルギーの心配もなく栄養を補給できます。サプリメントの中には牛乳に溶かしたりするタイプの「アスミール」や「セノビック」などもありますが、アレルゲンフリーのものも販売されています。

 

心配な方はまずはアレルゲンフリーの子供用サプリメントから試してみてはいかがですか(*^^)v

 

アレルギー対応済みの子供用サプリはカラダアルファだけ!