アレルギーに要注意!カラダアルファ(α)にアレルゲンは入ってるの?

アレルギー対応済みの子供用サプリはカラダアルファだけ!

子供の身長、健康のことを考えてカラダアルファ(α)を飲ませたいけど、アレルギーが出ないか心配ですよね。

 

近年では食文化の発達や、偏食などの理由によってアレルギーを持った子供がドンドン増えてきていますが、アレルギーについて詳しく知っている方は多くないと思います。

 

ただ、カラダアルファ(α)の原材料を見て「アレルギーの心配はありません!」といっても、分からないですし、そもそも信用できないと思います。

 

そこで、まずはアレルギーについて説明します。その後、アレルギーについて分かってもらえたうえでカラダアルファ(α)の安全性について説明します。

 

そうすれば、安全性に理解ができるはずです。もし、理解できなくともアレルギーは誰にでも起こりえる病気なので知っておいて損はありませんので、ぜひとも見ていってください。

 

アレルギーとは?

アレルギーといっても動物、食物、植物、カビなど様々な種類のアレルギーがあります。今回はそのなかの”食物アレルギー”について解説していきます。

 

まず、なぜアレルギーが引き起こされるのかというと、アレルゲンが原因です。アレルゲンとはアレルギー症状を起こすもののことをいいます。仮に小麦を使った料理を食べて皮膚がかゆくなる、腹痛になるなどの症状がでた場合、小麦がアレルゲンとなります。

 

ほとんどの食物アレルギーはアレルゲンに対してIgE抗体が働くことによって引き起こされる「即時型アレルギー反応」です。

 

また、他にも食べ物を食べた次の日や、2日後に症状がでる「遅発型アレルギー反応」もあります。これはIgE抗体とは関係なく、食べたものに反応するリンパ球の働きによって引き起こります。

 

食物アレルギーは症状の出かたや、重さは人によって違ってきます。引き起こす原因となる食物の種類や量も違ってくるので、病院で診察と検査を受け、相談するといいでしょう。

 

(参照元:一般社団法人日本アレルギー学会)

 

食物アレルギーの症状について

食物アレルギーを含めたアレルギーの症状と聞くと、ほとんどの人が湿疹(しっしん)やゼーゼー呼吸をするといった症状を思い浮かべると思います。もちろんそれらも症状の一つです。

 

しかし、実は症状はそれ以外にも、もっとたくさんあります。また、人によってアナフィラキシーと呼ばれる命に関わる状態になることもあります。

 

そのため、すぐに対処ができるように症状は必ず知っておいてほしいです。アレルギーの症状は以下になります。

 

  • 皮膚粘膜症状・・・掻痒感(そうようかん)、蕁麻疹(じんましん)、浮腫(ふしゅ)、湿疹(しっしん)、結膜充血、流涙、喉のかゆみ、イガイガ感、嗄声(しゃがれごえ)
  • 消化器症状・・・腹痛、下痢、嘔吐、血便、悪心(おしん)
  • 呼吸器症状・・・くしゃみ、鼻水、鼻づまり、呼吸困難、咳き込む、ゼーゼー
  • 全身性症状・・・頻脈、ぐったり、意識障害、血圧低下

 

全身性症状はアナフィラキシーによって、引き起こされます。アナフィラキシーとは消化器や呼吸器など、複数の臓器に症状がでることをいいます。

 

アナフィラキシーは人によって大きく違い、ほんの少し食べただけでアナフィラキシーショックを起こす人もいれば、たくさん食べたときだけ起こす人もいます。
症状の中に聞いたことがない症状もあると思うので、症状別に説明していきます。

 

(参照元:厚生労働科学研究班「食物アレルギーへの対応について」より)

 

皮膚粘膜症状

皮膚粘膜症状で一番気になるのが「掻痒感(そうようかん)」だと思います。掻痒感とは、体の一部がムズムズする不快な症状です。

 

次に気になるのが「浮腫(ふしゅ)」。浮腫とは、簡単にいうとむくみです。顔や手足などの体の端が水分によって痛みがなく、腫れる症状です。

 

消化器症状

下痢や嘔吐、腹痛、血便は誰でも知っていると思うので説明は省きます。「悪心(おしん)」というのは妊娠時にも現れる症状の一つなので人によって聞いたことあると思います。

 

悪心とは、吐き気や胸がムカムカすることをいいます。人によっては悪心のみで、嘔吐しない人や、反対に突然嘔吐してしまう人もいます。

 

呼吸器症状

呼吸器症状はさらに細かく2つに分かれています。鼻から喉までの上気道と、喉から肺までの下気道の2つです。症状で分けると以下になります。

 

  • 上気道・・・くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • 下気道・・・呼吸困難、咳き込む、ゼーゼー

 

下気道だと呼吸困難にもなるので、アレルギーによって咳き込んだり、ゼーゼーする人は注意が必要です。

 

全身性症状

アナフィラキシーによる全身性症状がでた場合、命に関わるのですぐに病院で診てもらいましょう。

 

頻脈とは心拍数が増加している状態で、すぐに治療を行わなければ体に深刻な影響を及ぼす可能性があります。また、意識障害、ぐったり、血圧の低下も同様のことがいえます。

 

そのため、何度もいいますが、すぐに病院で診てもらってください。

 

食物アレルギーを引き起こす原材料とは?

アレルギーについて、症状について、2つのことを知っていただけたと思います。じゃあ「アレルギーを引き起こす原材料は一体なんなのか」気になりますよね。

 

アレルギーを引き起こしやすい原材料は以下になります。(参考:食物アレルギーの原因食物とアレルゲン表示)

 

  • 鶏卵
  • 牛乳
  • 小麦
  • 甲殻類(エビやカニなど)
  • 果物と野菜類
  • ソバ
  • 魚類
  • 大豆
  • ピーナッツなどのナッツ類
  • 肉類

 

年齢とともにアレルギーの原因となりやすいものが変わっていきます。7歳から19歳だと1位は甲殻類となっています。2位は鶏卵、3位ソバ、4位小麦、5位は果物と野菜類です。

 

全て注意してほしいことですが、特に気をつけてほしいのが「果物と野菜類」です。スギやブタクサなどの花粉にアレルギー反応を起こす人は果物と野菜類にも反応するかもしれません。

 

これは反対のこともいえます。果物と野菜類にアレルギーをもっていると、花粉に反応する可能性があります。

 

例えば、スギにアレルギーを持っているとナス科のトマトに反応するかもしれません。ブタクサだと、ウリ科のメロンやスイカ、きゅうり、バショウ科のバナナなどがあります。

 

実際に事例として「食物アレルギー診療ガイドライン」報告もされていることなので十分に注意してください。

 

カラダアルファ(α)の原材料は?

ここまで読んでいただいて、アレルギーについて知ってもらえたと思います。では、カラダアルファ(α)の原材料にアレルゲンはあるのか見ていきましょう。原材料は以下になります。

 

スピルリナ、コラーゲン、アクアミネラル、ひじき末、ビタミンC、亜鉛酵母、ナタネ硬化油、シェラック

 

アレルゲンになりやすい原材料は使用されていませんもし、仮にアレルゲンが使用されていた場合はアレルゲン表示をしなくてはいけません。

 

しかし、表示されていないので使われていないと断言することができます。表示を偽装していれば、省令違反に問われるので偽装はしていないでしょう。

 

食品アレルギーを持っている子供は一度、担当医に相談してみるといいでしょう。

 

アレルゲン表示とは?

アレルゲン表示とは消費者庁が定めた省令で、特定の原材料は表示することを義務付けています。違反をすれば行政処分が下されます。

 

特定の原材料は以下になります。

 

  • 小麦
  • 落花生
  • エビ
  • カニ
  • ソバ

 

これら7品目は発症数、重症度が高いため、使われている場合は表示しないといけません。例えばマヨネーズだと「マヨネーズ(卵・大豆を含む)」といった表示になります。

 

上記7品目以外にも表示を推奨している20品目がありますが、任意での表示のため会社によって表記されている、されていないがあります。以下が表示を推奨している20品目となります。

 

いくら、キウイ、クルミ、大豆、カシューナッツ、バナナ、山芋、桃、リンゴ、サバ、ごま、サケ、イカ、鶏肉、ゼラチン、豚肉、オレンジ、牛肉、あわび、マツタケ。

 

(参考元:アレルギー表示について)

 

実際にカラダアルファ(αの販売会社の株式会社RSLジャパンに問い合わせてみました!

本当にアレルギーの可能性はないのか、不安に思う人もいると思います。アレルギーは最悪の場合、命にも関わりますし、大切な子供のことなので仕方ありません。

 

そこで安心してもらえるように、実際にカラダアルファ(α)を販売している”健康RSLパフォーマンス”に「アレルギーの原因となる原材料は使用されていないか」と問い合わせてみました。

 

カラダアルファ(α)にアレルギーの成分(小麦・卵・乳成分など)は含まれていますか?

原材料の表示どおりで特定27品目(卵、小麦、乳を含む)は一切含まれておりません。アレルギーをお持ちのお子さんでもご安心してください。

 

このような回答を頂きました。このことからアレルギーの心配はしなくても大丈夫です。

 

まとめ

アレルギー対応済みの子供用サプリはカラダアルファだけ!

アレルギーとカラダアルファ(α)についてまとめました。カラダアルファ(α)にはアレルギーを引き起こしやすい原材料は使用されていないので安心してください。

 

すでにアレルギーを持っているお子さんに飲ませる場合はしっかりと原材料を確認してから飲ませましょう。もし、上記のアレルギー症状がでた場合はすぐに担当医に診てもらってください。

 

出来れば、飲む前に担当医に原材料を見せて安全かどうか確認するのが理想です。相談するとより安全でしょう。

 

子供に飲ませるものなので、両親がしっかりとどういうものか理解する必要があります。カラダアルファ(α)の成分や口コミなどを見て購入してください。

 

公式サイトでも詳細が書かれいるので一度確認してみてくださいね。

 

【カラダアルファ】3ヶ月飲んでわかった実際の効果は!?