製造工場に危険性なし?安全性は?カラダアルファ(α)の真実を徹底調査!

製造工場に危険性なし?安全性は?カラダアルファの真実を徹底調査!

最近では異物混入などの問題が多発し「製造している工場は安全なのか?」と疑問視する人が増えてきています。しかし、それでもまだまだ工場の環境を気にする人は少ないのが現実です。
また、食品を取り扱っている多くの企業は、工場での品質管理や衛生管理について公開していません。

 

もし、不衛生な環境で製造されていた場合、食中毒やアレルゲンの混入など様々なことが考えられます。

 

身長を伸ばすために飲ませているカラダアルファ(α)が、不衛生、劣悪な環境で製造されていたら大問題です。身長を伸ばす前に病気になることもありえます。

 

今回はカラダアルファ(α)がどのような環境で製造されているのか調査していき、安心して子供に飲ませることができるのか判断したいと思います。

 

カラダアルファ(α)は子供の成長を促進する安全性の高い栄養補助食品(サプリメント)

製造工場に危険性なし?安全性は?カラダアルファの真実を徹底調査!

カラダアルファ(α)とは天然由来の成分を使用し、子供でも飲みやすいように粒の大きさを工夫した身長サプリメントです。(※詳しい栄養成分はこちらで説明しています)

 

カラダアルファ(α)もそうですが、身長サプリメント系のことを特定の病気を治療する「医薬品」だと勘違いされている方がいます。サプリメントとは、あくまで「食品」です。

 

カラダアルファ(α)の場合だと、普段の食事だけでは不足する栄養と身長に影響のある栄養を配合した「栄養補助食品」となりますので覚えておいてください。

 

医薬品の製造工程は薬なので当たり前ですが、品質管理、衛生管理は厳重になっています。しかし、サプリメントは食品として扱われるため、医薬品とは違い、会社によって管理レベルが大きく違ってきます。

 

次にカラダアルファ(α)を製造している工場は、品質管理や衛生管理ができているのか調査していきます。

 

製造工程は管理されている?

カラダアルファ(α)を製造している工場について調べてみたところ、製薬会社の工場で原材料の入荷からサプリメントの出荷まで行われていました。

 

製薬会社は医薬品などを作る会社のため、品質管理、衛生管理基準は医薬品とほとんど同じレベルだといえます。

 

ほとんどの身長サプリメントはISO基準で製造されています。ISO基準とは様々な種類があり、一部のISO9001は原材料の安全基準や製造工程の安全基準、品質基準は全て企業任せとなっています。

 

そのため、企業が「ISO9001を取得している」といっても、あまり信用できません。製薬会社の工場で作られているほうがより安全だといえます。

 

カラダアルファ(α)には「トランス脂肪酸を含んだナタネ硬化油が使われて危険だ」と噂になっていますが、ナタネ硬化油は医薬品にも使われているものです。トランス脂肪酸についてはこちらもあわせてご覧ください。

 

そのため、カラダアルファ(α)の製造している工場が怪しいとなると、医薬品を製造している工場も全て怪しいと言っているようなものです。

 

そう考えると、カラダアルファ(α)の安全性がいかに高いか分かると思います。また、製造の基準も「厚生労働省の定める”GMP”に準拠しているので安全」だと言いたいのですが、これではどこが安全なのかイマイチ分からないと思います。

 

公式サイトもそうですが、色々なサイトを見ていると「GMPに準拠している」と記載しているだけで、どのような基準なのか、どう安全なのか具体的に書いていません。それでは信用しきれないと思うので、説明していきます。

 

厚生労働省の定めるGMPとは?

製造工場に危険性なし?安全性は?カラダアルファの真実を徹底調査!

GMPとは「Good Manufacturing Practice(適正製造規範)」の略で、原材料の入荷から、出荷までの全ての工程で”製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるようにする”管理基準です。。

 

なぜ、このGMPが大切かというと、身長サプリなどの健康食品は市場にたくさん出回っています。そのなかには品質や安全性に問題のある商品もたくさん紛れています。それらを購入しないようにするためにもGMPがとても大切です。

 

健康食品でも錠剤とカプセルタイプのものは、製造途中で濃度を高めたり、混ぜたあわせたりする作業を行うものなので成分量に細かい違いがでたり、汚染による有害物質の混入などもありえます。

 

このような商品を選ばないためにも、友人や知人、芸能人が勧めていても、すぐに購入せず、しっかりと安全性と一定の品質を保っているGMPかどうか確認する必要があります。

 

このことから、カラダアルファ(α)を製造している工場の安全性は高いということが分かっていただけたかと思います。

 

(参考:厚生労働省「GMPマークとは」より)

 

公的機関で放射性物質の分析されている

カラダアルファ(α)は工場以外にも安全性のために行っていることがあります。それは”放射性物質分析”です。放射性物質分析試験を受けて「検出せず」という結果を出しています。

 

カラダアルファ(α)は国産なので、中国などの外国で作られたものより安全だといえます。しかし、国産ではありますが色々なことがあって「国産だからこそ放射性物質が心配」などの声もあるのが事実です。

 

自分が飲むわけではなく、子供が飲むわけですから心配になるのも仕方がありません。放射性物質は白内障や永久不妊、ガンなどの影響を及ぼす可能性があるので、親として飲ませるのは心配になりますよね。

 

そのためカラダアルファ(α)は主に健康に影響するといわれている「セシウム・ヨウ素」の2種類の検査を行っています。

 

(参考:農林水産省「放射性物質の基礎知識」より)

 

まとめ

製造工場に危険性なし?安全性は?カラダアルファの真実を徹底調査!

カラダアルファ(α)の製造について徹底調査してみた結果、医薬品とほぼ同じ環境で作られ、安全性が高いことが分かりました。

 

カラダアルファ(α)の安全性についてまとめると以下になります。

 

  • 体に優しい天然原料を使用
  • 喉に詰まりにくくするために粒が小さめ(しかし、栄養はたくさん含まれている)
  • 品質管理、衛生管理が医薬品とほとんど同じレベル
  • 安全性と一定の品質を保っている基準”GMP”を準拠
  • 放射性物質の分析が行われている

 

これを見てもらえれば、どれだけ安全性が高いのか分かります。カラダアルファ(α)は子供の健康と安全を本気で考えた身長サプリメントだといえます。